SATOXのシテオク日記

ふもっふ、ふもふも。

ブルーチーズデビュー!

アメリカのアパートのお隣さん(同じ会社のご夫妻)に夕飯をごちそうになりました。
んでもってその際、ブルーチーズを頂いたのであります。
恐らくSATOXさんにとっては人生初のブルーチーズ。これまで、色々食べられる機会はあったのですが、「ニオイが凄い」「カビなんて喰えねぇ」などの噂から敬遠していたのであります。

ブルーチーズはチーズの種別のひとつ。アオカビによって熟成を行うナチュラルチーズ。このアオカビはブルーチーズの種類によって異なる株が用いられており、例えばロックフォールの場合にはPenicillium roquefortiである。

何だか最近SATOXは食にどん欲。ルートビアにもチャレンジしましたからね。
で、気になるブルーチーズさんは……。
「意外とイケるぢゃん!」
ルートビア同様、主食にはしたくありませんが、なかなかの珍味。おいしく頂きましたよ。
味はねぇ、我ながら最適な味の説明なんですけど、そう「ロウソクの味」です!(笑) あれ、ロウソク食べたことない?
これはね、最初からロウソクだと思って食べれば、「なんだ、チーズっぽいぢゃん!」と思って食べられるかもしれません(笑)。
ルートビアもブルーチーズも「凄いマズイ!」というイメージがありましたが、食してみるとなんか意外にイケて、ちょっとアンニュイでモナムゥな今日この頃なのです。
あと未達の食べ物は「臭い豆腐(発酵した豆腐)」「シュールストレミング(発酵した魚の缶詰)」くらいかなぁ。
確かシュールストレミングは世界一臭い食品としてギネスブックに載っているんだそうな。実際、食べたくないなぁ。