SATOXのシテオク日記

~ふもっふ、ふもふも~

Unityプロジェクトで消しても良いファイル

f:id:satox:20210112224259p:plainUnityのプロジェクトファイル群を人に渡したいとき、ZIPに圧縮して渡したりしますが、とてもサイズが大きくなることがあります。1~100GB以上とか、規模によっては渡せねーよ!というサイズ。

今まで見て見ぬ振りをしてましたが、プロジェクトを開く際に生成されるキャッシュファイルやビルド時にできる中間ファイルなどがあり、これらは消しても問題ないんです。

ということで消しても問題ないフォルダとファイルをまとめてみました。

念の為、一度バックアップを取ってから削除してテストすることをおすすめします。(マナーの悪いアセットが大事なファイルを保存してるかもしれないので)

Unityで消しても大丈夫なファイル
/Library *.asset以外のフォルダ、ファイル
/obj
/Build
/Builds
/Logs
/Temp
以下VisualStudio関連
/.vs
/.vscode
/*.csproj
/*.sln
/*.suo
/*.pdb
/*.user

 Libraryフォルダ以下の削除が効果てきめん。トータルファイルサイズがだいたい半分くらいになります。

ちなみに、GITの.gitignoreファイルがまさに不要なファイルを示しているので、だいぶ参考になります。

.gitignoreを読み込んでファイル削除してくれるツールがあったら便利そう。

qiita.com

ブログ記事 逆アクセストップ10

1日に1~3件とかブログ記事を書いていた頃はちょっと病的だと思うこの昨今。すっかり限りなく更新頻度が無に近づいてます。

これもブログという文化が広がって特段珍しいものではなくなり、名もない個人が発信するブログの情報価値が低下し、つまらなくなってしまったからかなぁと思います。

SATOXにしか公開できない情報ならともかく、新しい情報は信頼できるネットニュースを観たほうが良いですからね。(誰しもが知らないようなお面白い話はあるものの、公にできない情報だったりするし…)

そういった意味では、お絵かきとかクリエイティブなものなら多少価値はあるのかな。

ブログ記事アクセスランキング

さて、ブログ全体のアクセス元情報を観てて、本ブログの逆アクセス記事ランキング(1月1日~本日の全体アクセスに対する割合)です。

1位 (17%) バッテリーが持つ?保つ?
2位 (10%) じ、ジゴロウこと……黒幕さんの正体判明。
3位 (8%) PHP+MySQLのうんざり日本語文字化け対策
4位 (8%) いまさら聞けないHTTPマルチパートフォームデータ送信
5位 (5%) 今更聞けないF1チームの変遷
6位 (4%) モヤモヤさまぁ〜ず2DVDの隠しコマンドまとめ
7位 (4%) 猫の足先が靴下みたいに白い理由
8位 (2%) タブレットの消しゴム機能不具合解消法
9位 (1%) Googleドライブのフォルダ名を変更してみたWin/Mac
10位 (1%) ListViewの仮想表示モード その1

自分が疑問に思って調べてみたしべてみた記事が多くて、やっぱり他の方も気になるネタなんですね。(今思えばQiitaみたい)

ちなみに、この8日間で1000アクセスほどです。

うちのスマートホーム状況をまとめてみた

SATOXさん、珍しくもないとは思いますがガジェット好き。便利か便利でないかはさておき、面白そうなガジェットは試してみたくなる質(たち)なんです。

そんなこんなで気がついてみれば進んでいたスマートホーム。狭い部屋ですが色々家電が操作できる環境が整っているんです。

あまり興味ないだろうなぁと思いつつも、現在のうちの環境を記録しておくという意味でまとめてみました。

うちのスマートホーム接続図

f:id:satox:20201102171134p:plain

こんな感じでほぼ音声で操作できる状況。

よく使うのは、…というかこれしか使ってないですが、「テレビを消す」「照明のオン/オフ」くらいですかね。部屋で一人だったとしても声を出すのはそれなりのエネルギーが要りますので、リモコンを取り出すのがちょっと面倒なときこれらの操作をする感じ。

音声以外にも基本的にはアプリがあって、部屋の外からも操作できるので、「帰宅前に部のエアコンをつけておく」なんてのはちょっと便利だったりします。(いつも忘れててドアの前で思い出すけど。)

ちなみに点線はAlexa的にスキルがあるもののいまいち操作に失敗するもの。

RS-WFIREX3 スマート家電コントローラ

すでに生産中止でRS-WFIREX4という後継機が出てますが、こいつがWiFi経由でネットと接続でき、赤外線新信号でまわりの端末を操作できる端末となります。

f:id:satox:20201102193844p:plain

 温度・明度センサーも付いていて、外出先から確認できるので、部屋の電気が付いてるか、寒いか暑いかなどがわかります。

製品情報 - RS-WFIREX3 | ラトックシステム株式会社|パソコン・スマホ周辺機器、オーディオ製品メーカー

後継機RS-WFIREX4について調べてみましたが、コンパクトになって吊り下げ付用の穴がついた以外に明度の計測が3段階に退化してるようですね…。良ければ買い換えようと思ってたのに。

スマートホームで思うこと

正直に言えば、そんなに便利なものでもないですね。

学習リモコンを使ってるので赤外線操作できるものは1つのリモコンで操作できるし、声で操作するというハードルが少なからずあります。

あとはIFTTTなんてのがあるものの「いっそのこと全部プログラミングさせろ」って思いますね。暗くなったら電気つけてほしいし、よっしゃ寝るかというときはついてる機器を消してほしい。相対的にコントロールできそうなソフトはありますが、どうせ融通は効かないもんです。

全部プロトコルを公開してもらって、操作できるようになると良いなぁ。(それこそ学習さえれば…)

高級フルーツサンドイッチ買ってきた

近所の非常に立地の悪い裏通りに、「フルーツサンドイッチ専門店」なるものができてました。できてまもなくは人気行列で避けてたんですが、最近通りかかったとき客がいなかったのを見かけて入店してみました。

季節の厳選したフルーツを使ったサンドイッチの専門店で、「追いクリーム」が付いているのが特徴のお店です。

ナガノパープル&シャインマスカットのサンドイッチ

ナガノパープル&シャインマスカットのサンドイッチを買ってきました。

追いクリームには「生クリーム」を選択。

f:id:satox:20200919123348j:plain

食パンに挟まれたさっぱりとした生クリームに立派なマスカットが入ってます。見えない部分にはそれぞれ1粒丸いのが入ってました。

クリームとジューシーフルーツのやさしい甘み。美味。

ただまぁ、食パン、生クリーム、フルーツのバランスとしては味がシンプルで、優しすぎかな、というのが個人の感想。この素材の組み合わせだとしょうがないのですが、トータル的な味としては酸味などが欲しかったなぁ、というのが個人的な感想です。

追いクリームは「生クリーム」「チョコクリーム」「クランベリークリーム」から選べたのですが、生クリーム以外はフルーツの味を損ないそうで選ばなかったのですが、クランベリークリームで酸味を足せばよかったかな。

なかなかの高級品……だけど

お値段は確か860円(税抜)。税込みで1000円近くになります。……正直、まぁ高い。フルーツタルトのお店「キルフェボン」の1カットとほぼ同額。

見るからに高級なフルーツを使ってますからね。

人を喜ばせるおみやげにはもってこいだと思うけど、なんだかデザートというよりも食事のイメージが強くて実は微妙な食べ物かも……。

ちなみに、最も低価格が「バナナサンド 570円(税抜)」で、旬のマンゴーなどが税抜1000円を超えます。

 

個人的にはそれほど気にしないけど、パンの耳がちょーっとだけ含まれていたのは、期待値が高かっただけに少し残念。お土産にしたときは悲しくなるな……。

f:id:satox:20200919123419j:plain

でも耳の近辺は見てわかる、水分が抜けてパサパサ……。(気にしないんじゃなかったのか!)

「Oculus Quest 2」にときめいた話、転じてUSB3がムズい話

新しいVRバイス「Oculus Quest 2」が発表され予約中の今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。

スタンドアローン(Android)で利用でき、センサー不要、邪魔なケーブルなし、高解像度で90fpsに対応する、新しいHMD+コントローラ。

f:id:satox:20200919011456p:plain

でも、やっぱり個人的にはPCにつなげたく、スタンドアローンのQuestなんぞあんまり興味はなかったのですが、Quest 2の機能を調べてみたところ、PCに接続する機能があるじゃないですか。

急に興味が出てきて調べてみたんです。(実はOculus Quest 1でもPC接続できたとこのとき知ったわけですが)

Oculus Quest 2とPCをつなぐケーブルが別売り10,000円。これを使えばPCで使える、つまりOculus Riftと同じように使えるそうな。

Oculus Quest 2はうちのデスクトップPCに対応してるのか

次に、うちのPCにはUSB-C端子がない。

変換アダプタ噛ませばなんとかなるかと思い、Quest 2の要件を調べてみたところ「USB3.2 GEN1」の信号要件が必要とのこと。

うちのデスクトップPCは果たして「USB3.2 GEN1」に対応しているのか。なかなか気にしてないと分かりませんよね。PCIカードでUSB3.xを使っているわけではないので、それはマザーボードの性能を確認することになります。

調べてみたところマザーボードは「USB3.1 GEN1」対応。

おお、USB3のスペックが足りない…?

USB3.xは難しい

でもいや、なんかUSB3.1とUSB3.2の関係ってややこしかった気がして、改めてUSB3.xについて調べてみました。 

規格名

旧規格名(仕様名)

転送レート 給電 コネクタ
USB3.0
USB SuperSpeed
USB3.0
USB3.1 GEN1
USB3.2 GEN1
5Gbps 0.9A
1.5A
3.0A
Type-A
Type-C
Micro(A/B)
USB3.1
USB SuperSpeed+
USB3.1 GEN2
USB3.2 GEN2
10Gbps 1.9A
1.5A
3.0A
Type-A
Type-C
USB3.2 USB3.2 GEN2X2 20Gbps 1.5A
3.0A
Type-C

なるほど分からん。

確か一度、USB3.xの旧名称が整理されて上記表の「規格名」になったんですよね。USBは後方互換性があるため、「USB3.x GENx」といったとき、対応する要求仕様(規格名)に当てはまっている感じです。ちなみに、20Gbpsはシリアルを2レーン使う仕組みになっており、物理的にType-Cのみ対応のようです。

というわけで、

Oculus Quest2の機能要件「USB3.2 GEN1」であればUSB3.1GEN1でOKなのでうちのマザボに対応している!…はず。

こわいけど、買ってみるか……。

 USBの仕様からすると、ケーブルの長さは1mほどまで。Oculus Quest 2用の10,000円のUSBケーブルは光ケーブルで、5mの長さがあります。まともに使うにはこのケーブルを使う必要がありそうですね。

 

Oculus Riftは持ってるけど、いつからかどうにもTouchコントローラがしばしば切断される現象に悩まされて、すっかりお蔵入りです。(そういえばOculus Goもしばらく使ってない)

 しかしまぁVRってなかなか流行りませんね……。PSVROculus Rift、Oculus Goを持ってますが、面倒になって使わなくなる。値段や使い勝手を含め、もう少しハードルが下がらないと。面白いと思うんだけどなぁ。

ATOKを使いたいのにVisualStudioがクラッシュする話

タイトルどおりの問題が起きるため、ATOKをやめてGoogle IMEMicrosoft IMEを使ってるSATOXなんですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

SATOXさん、VisualStudioはもう仕事でも趣味でもモリモリ使ってるので、コイツがしばしばクラッシュされちゃあひどく困るんです。

f:id:satox:20200916212608p:plain

ATOK+VisualStudioクラッシュについて

VisualStudioのクラッシュを確認したバージョンVS2015、VS2019。その他のバージョンが大丈夫というわけではなく、試してないだけ。さらに、クラッシュは複数のPC環境で起きてるので、完全にソフトウェアの相性の問題のようです。もちろん、試した当時、最新のATOKで試してもダメでした。

続きを読む

最近読んで面白かった漫画

あー、なんか漫画読みたいなと思い立ってKindleストアをよく見回っています。

面白そうと目にとまると結構迷いもなく買ってしまってるのですが、最近読んでみて特に面白かった作品をご紹介します。

いつもどおり、ネタバレなしです。

 葬送のフリーレン
葬送のフリーレン(1) (少年サンデーコミックス)

原作:山田鐘人さん、作画:アベツカサさんの「葬送のフリーレン」。
勇者、僧侶、ドワーフ、そしてエルフの女の子の魔王を倒して平和になった世界のお話。

主人公はエルフのフリーレンなんですが、長生きのエルフとそれに比べ短命の仲間たちのお話。フリーレンは仲間の残してきたものを辿ることになるのですが、なんとも形容しがたい喪失感とパズルが解けたような気持ちよさがあります。

続きを読む