SATOXのシテオク日記

ふもっふ、ふもふも。

不明のマレーシア航空370便をPCで探す?

3月8日から行方不明となっているマレーシア航空370便(B777-200ER)。ハイジャック、事故、中国軍による撃墜などいろいろな噂が飛び交っていますが、未だその行方は分かっていません。
そんな中、正義感の強いこんな方達が。

「Google Maps(グーグルマップ)」はリアルタイムの衛星写真を使用しているものではないとし、「グーグルマップでMH370便を捜索しないよう」呼びかけた。中国青年報が12日伝えた。

Google Maps海上を捜索する人が多発し、実際に海上を飛んでいる飛行機を報告する人が絶えなかったようです。Google Mapsはリアルタイムじゃないんですよね……。
一方で、行方不明後に撮影した膨大な衛星写真から人力で航空機を探して欲しいというサービスが公開されています。


■High Resolution Satellite and Aerial Images & Photos | DigitalGlobe

乗員乗客239人を乗せたクアラルンプール発北京行きマレーシア航空370便が現地時間3月8日、不可解にも消息を絶った。ネチズンたちはこの旅客機の捜索を支援しようと、衛星画像のクラウドソーシングプラットフォーム「Tomnod」に押し寄せている。

少し試してみましたが、Google Mapsのようなインターフェースで、マップ上に航空機またはオイルなどのピンを置いてお知らせできるというもの。あまり地図の解像度は高くないのですが、海の広さは確かに膨大。
でも、さすがに画像解析などで機械的に怪しいところはピックアップできているんだろうなぁ想像します。それでも引っかからないところを人力でということなんでしょうね。
なににしろ乗員乗客が無事なら良いですね……。