SATOXのシテオク日記

ふもっふ、ふもふも。

PC遠隔操作事件、真犯人メール送信は被告自身

PC遠隔操作事件で真犯人からのメールが送られていた問題についてですが、どうやら公判中の片山被告が送ったもののようだ、というお話。
なんでも、捜査員が片山被告が河原でスマートフォンを埋めているところを目撃したんだそうで、スマホの通信状況を調べたところタイマー機能を使ってメールを送った記録が見つかったんだそうです。
これが本当だとすると、もうアウトですね。
地検は保釈取り消しを申請することを検討するようです。

4人が誤認逮捕されたパソコン(PC)の遠隔操作事件で、今月16日に報道関係者らに届いた「真犯人」を名乗る人物からのメールについて、捜査当局が、威力業務妨害罪などで公判中の元IT関連会社員、片山祐輔被告(32)が送信した疑いがあるとみていることが分かった。片山被告は保釈中で、東京地検は取り消しの申請を検討するとみられる。

そもそも真犯人がいたとすれば、今更犯人であることを名乗る必要はないし、メール内容の「1億円ぐらい補償してあげてくださいね」も利己的。本当に犯人ならこんな事は書かないでしょう。
犯人しか知らない情報も書かれていたそうですが、メール送信の件が本当ならもう片山被告が犯人であることが証明されたようなもの、ということになりそうです。