SATOXのシテオク日記

ふもっふ、ふもふも。

こんにゃく入りゼリーよりも危険な食べ物

いやはや、まぁお亡くなりになって悲しんでいる方がいらっしゃいますので強気な事は言えないわけですが、「こんにゃく入りゼリーを幼児が食べたらどうなるか〜」なんてことは、子供の事を大事に思う気持ちと、ほんの少しの慎重さがあれば、「与えよう」なんて思わない事はたやすい事だと思うのですがどうなんでしょうか。
今回はしかもそんな「こんにゃく入りゼリー」を冷凍して幼児に与えたとの事。「こんにゃく入りゼリー」には「凍らせてはいけない」という記述がなかった、なんてニュースで言っていたりしましたが、いちいちやっちゃいけない事なんて常識的に考えて無理だと思うわけです。
そんな、ちょっとやり玉に挙げられている「こんにゃく入りゼリー」はちょっとかわいそうな気がしてなりません。
そんなわけでGIGAGINEさんによる、こんにゃく入りゼリーよりも危険な食べ物ベスト10をご紹介します。

1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)
2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)
3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)
4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)
5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)
6位:だんご(23例、「こんにゃく入りゼリー」の11.5倍危険)
7位:おかゆ(22例、「こんにゃく入りゼリー」の11倍危険)
8位:流動食(21例、「こんにゃく入りゼリー」の10.5倍危険)
9位:カップ入りゼリー(11例、「こんにゃく入りゼリー」の5.5倍危険)
10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例、「こんにゃく入りゼリー」の2倍危険)

この件数を見れば、いかに「こんにゃく入りゼリー」よりも危険な食べ物があり、のほほんと売られているかが分かりますね。
こんにゃく入りゼリー」よりも「だんご」の方が11倍の死亡例があり、さらに「もち」は84倍の168件の死亡事故が起きているとの事。
まぁ消費数が記載されていないので割合は分かりませんが、少なくとも「もち」などで毎年死亡者がが出ているのにも関わらず、具体的に商品への対策が施されていないのはなんだか問題のような気がします。
もちろん加工によってその危険度が下がればそれに越した事はありませんが、幼児やお年寄りに関係なくもちを喉に詰まらせて死んでしまう可能性は誰にでもあるわけですから、「気をつけて食べる」「気をつけて与える」事くらいしかできないと思うんですよね……。毒入りの食品を食べて死んでしまう、なんて事もまったく可能性としてゼロではないのですから。