コカコーラ、青汁のキューサイを買収

福岡市にあるコカ・コーラウエスト社が青汁などでおなじみのキューサイを買収し、傘下にすると発表したんだそうな。
キューサイは同じく福岡市を本拠地とする、売上高207億円の企業。4つのファンドがキューサイ株を保有しており、この株を約360億円で買い付け、10月にも完全子会社にするんだって。
買収の目的としては、健康思考ニーズへの追随なんだそうです。

コカ・コーラウエスト(福岡市)は30日、青汁など健康食品製造・販売を手がけるキューサイ(同)の全株式を取得すると発表した。国内の四つの投資ファンドなどから359億2200万円で譲り受け、10月1日付で完全子会社化する。

コカ・コーラウエストは実のところ売り上げが伸び悩んでおり、起死回生を計った買収と言えるかと思います。
しかしながら、株価の変動を観て分かるとおり、世の中の見方は冷めており、「コカコーラとキューサイの相乗効果が生まれるかどうかは不透明」として評価は低いようです。
この話を聞いて「加ト吉」を思い出してしまいましたが、日本初の優良企業が大企業に買収されてその「良いところ」がなくなってしまうのが心配です。加ト吉は名前が変わっただけですが(笑)。
そういえば、アトラスも親会社のインデックスに吸収合併されてしまうんだそうな。アトラスのアトラスらしさがなくなってしまわないかどうか、心配ですね〜。