体内埋め込みモバイル機器

体内埋め込み型のコンパス「サウスポー」を開発したんだそうです。
円盤形なんだそうですが、試作機では直径1ミリ、長さ10ミリくらい。こんなのを体内に埋め込むんですね。
「サウスポー」は北を向くと振動する電子コンパスなんだそうですが、………どうだろう、使うかな。
他にも埋め込み型としては、

  • 「Circadia」という体温を収集して無線で送信する端末
  • 両耳に1個ずつ端末を埋め込み、首に巻いたコイル線経由で音楽を聴く

なんてモノがあるそうです。
Circadiaで画像検索すると腕に埋め込んだ機器の写真を見つけることが出来ますが、結構グロいのでここに載せるのは止めました。
リンク先注意(笑)。

■Circadia biohacker - Google 検索

スマートフォンの地図は便利だが、信号が途切れれば使い物にならない。しかし体内にナビゲーション装置を埋め込めば、森の中でも迷わずに済む――。電子工学技術者で「バイオハッカー」のブライアン・マクイーボイ氏は、そんな考えから初の体内コンパス「サウスポー」を開発した。自らが初の被験者となって実験を開始する計画だ。

ペースメーカーなどが体内埋め込み型の機器の先駆けですが、ちゃんとした手術やその後のケアが必要なものであり、そんなにお気軽に体内に埋め込めるものではないですよね。