函館に行ってきた その4 海鮮丼編

さてさて、やっと函館一人旅の2日目。
昨日のラッキーピエロのチャイニーズチキンバーガーの味が忘れられませんが張り切って行ってみよー。

朝市
寝泊まりしてるホテルのサービスで、ホテルのバイキングか、契約している朝市の海鮮店のどんぶりを選べるというのですが、せっかくなので朝市に行ってきました。
 

お店がタックサン並んでおり、主な商品、つまり主力商品はカニカニ押しです。
お店の人もぐいぐい商品を買わせようと攻めてきます。
この光景につっこもうなら集中砲火を浴びてくたくたになります。
日本の団体さんはもちろん、中国やら韓国からも観光客が来てました。
 
海鮮丼
ロワジールホテルと契約している「味の一番」というお店に行きました。
ホテルにチェックインする際にチケットをもらっており、そのチケットと交換で(お金を払わず)食べることができる訳です。
「海鮮丼サービス」と聞いていたのでメニューは決められているものだと思っていましたが、焼きほっけなど10種類くらいのメニューから選ぶことが出来ました。
もちろん、選んだのは海鮮丼♪

カニイカ、ウニ、いくらの乗った海鮮丼。ちなみに、わさび醤油が掛かっています。
味噌汁には小さなホタテが身付きで3つ入ってました。
ホテルのサービスというので、正直失敗したかもと思ってたのですが、そんなこたぁない、海鮮丼と堂々と名乗って良い海鮮丼でした。
うまいぞコノヤロウ。
ちなみに、恐らく普通に注文すると3000円くらいするメニュー。
 
海鮮かにまん
なにかブログで発見して、食べようと思ってたのがこれ。

カニたっぷりのかにまんです。

1個350円と冷静になればかなり高いのですが、見ての通りカニたっぷりなので納得。
これは美味。是非お試し下さい。
 
五稜郭タワー
さて、函館で見るところと言えば五稜郭です。
江戸末期に作られた星形の建造物で、初めて写真で見たとき形の美しさにちょっとビックリして、見てみたいと思ってました。
その五稜郭の側に五稜郭を一望できるタワーが建っているので、まずは外観を見てきました。

五稜郭タワーの柱は星形、展望室は五角形です。
5月間近なので鯉のぼりが空を舞ってますね。

こんな感じで市内を一望できます。

これが五稜郭の全貌。
星形のお堀が形成されており、内部にも石積みの壁が作られており、外の敵から守るための造りとなっています。
 
五稜郭
五稜郭の別名は箱館御役所(こだておんやくしょ)とも呼ばれており、中央には奉行所があります。これまで奉行所の跡地しかありませんでしたが、2年ほど前に昔の資料や建築技法を元に復権されたんだそうで、有料で内部を見学することが出来ます。

より大きな地図で 函館旅行2012-04-21〜(3days) を表示

一カ所とがった小島があると思いますが、本当はその他の5カ所にも作る設計だったそうです。でも、予算削減のため1つだけになったそうです。
さらに、この地形メリットはどこから来た敵も死角無く監視できるそうで、世界各国にこういった建造物があるそうです。

せっかくなので内部も見学。

時代劇で見たことがあるような奥座敷、数々のふすま。

厠(かわや)、つまり当時のトイレですね。
内部には建築の方式や再建の歴史、当時の鉄砲、資料などが展示されていました。
 

時が時なら満開だったのかもしれないのが、ちょっと残念。

さてそろそろまた次回に続きます。
次回は2日目の夜、夜景なんかを見に行っちゃうかもしれませんよ。

■函館に行ってきた 記事一覧