SATOXのシテオク日記

~ふもっふ、ふもふも~

コンデジPowerShot S90を買ってみた

とうとう我慢できなくなってしまい、PowerShot S90を買っちゃいました(笑)。
一眼レフには「Canon EOS 5D mark II」とうちょっと奮発して買った一眼レフデジタルカメラを持っているのですが、そんなに大きなカメラを持ち歩けない場合として、FujiFilm FinePix F100fdをカバンに入れて持ち歩いていました。
しかし、画質面で思ったように撮れないことが多く、日々不満を感じており、性能の良いデジカメを探していたわけです。
いろいろ世の中の評判を調べてみると操作性に難があるが、画質バランスや暗所に強いと言うことと、5D mark IIでキヤノンファンになってしまったこともあり、PowerShot S90がいいな〜と思っていました。
一応ライバルとされているのは、Panasonic LUMIX DMC-LX3Ricoh GR DIGITAL III。
というわけで、そう言ったライバル機との比較ではないのですが、これまで使っていたF100fdとどう違うのか軽く比較してみました。[レビュー]
 

■オート設定で勝負 PowerShot S90 対 FinePix F100fd
もちろん、マニュアルでいろいろ設定すればそれぞれの機種で良い映像を撮れると思いますが、基本のオート設定でどれくらい違いがあるのかを比較してみました。
室内蛍光灯(夜)
室内の蛍光灯の下で撮影してみました。

S90はF2.0という大変明るいレンズなのでまぁちょっとずるいのですが、こんな感じ。口の周りの辺りのノイズを比較すると一目瞭然。シャッター、絞り、ISO感度の全てでS90の方がゆとりがあります。
 
室内消灯(夜)
オート設定のまま、部屋の明かりを消して撮ってみました。

大きなサイズ

さすが、暗い場所に強いということでS90の方がキレイに撮れます。ただし、実際の体感する暗さで言えばF100fdの方が近いんですけどね(笑)。
レストランなどのお料理撮影では暗いところが多いので、S90の威力が発揮されそうです♪
最後に、同じ状況でEOS 5D mark IIのオートで撮ってみると……。

かなり反則的にキレイに撮れますね(笑)。
まぁS90 10台分くらいのお値段しますから、これくらいは働いていただかないと。

S90の特徴といえば前面に付いている様々な設定に利用できるリング機構なのですが、これはSATOXはあんまり使わないかなぁ。
少ししか遊んでませんが、画質面では買って良かったと言える一品。性能の割に安価ですので、お勧めできるかと思います。