リーフちゃん、こなみちゃんお絵描き

最近、休日にちょこちょこお絵描きをしています。
使っているソフトはComic Studio 4 Pro。そう、コミック作成ソフトです。
このソフトが面白いのがスクリーントーンを貼れるということ。
一応、リアルGペンとスクリーントーンを文房具屋で買ってきて漫画を描いた経験もありますが、このソフトを使えばスクリーントーンは無制限にバリバリ(死語)貼ることが出来るわけです。スクリーントーンって結構良い値段しますからね。
ただ、このComicStudioはUIに結構クセがあって、正直言って使いづらいんです。また、バグも多くハングアップすることしばし。最近はやっと安定してきましたが……。
また、不便なのは透明色をチェック1つでロックする機能がPhotoshopにあり便利なのですが、ComicStudioにはそれがない。色域を選択して選択範囲としないといけないんですね。1つのレイヤーで黒の線を編集せずに白ベタを塗りたいときがよくあるんだよなぁ。
以下、描きかけのへなちょこ絵。そのうち完成版もご紹介する予定。
マンガのヒトコマ↓


この「白黒で描く」ってのがなんか面白いんですよね。このモアレ感がたまらない(笑)。いや、モアレっちゃダメなんですけど……。印刷すると、結構ホンモノ(?)っぽく見えてキレイなんです。
あるカットのヒトコマ↓下書き付きで描きかけ。

この銃の部分は、3Dモデルの銃を表示させてトレースしたもの。LightWave3DのデータをComicStudio上で表示させ、回転拡縮が出来ちゃいます。
線の描画にはラスターとベクターがあるのですが、それぞれ曲線を補正する機能があり、なかなか便利なのです。クセはあるけど面白いソフト。ビックリするほど高くはないしお勧めです。
ComicStudioPro 4.0ComicStudioPro 4.0

セルシス(2007-09-28)

フキ出しのしっぽにノイズが入るバグがあるんですが、直らないかなぁ。フキ出しを曲線モードにすれば消えるけども……。