ダメな警察庁キャリア官僚

昨年末に成田空港で警察庁のキャリア官僚を名乗る男が持ち込み禁止になっている物を持ち込もうとして注意され、逆ギレしたんだそうな。
なんでも禁止されている100ml以上の男性用化粧水を持ち込もうとして検査員に注意されたところ、「自分は警察庁のキャリアだ」というような事を訴え、さらに職員に向かって暴言を吐き、検査品を入れるトレーを投げつけたんだそうな。
反抗期の中学生か(笑)。
結局、警官が来て事情聴取されたそうなんですが、その場では無罪放免。そのまま海外に行ったんだそうな。また、海外旅行などは届け出を行う規定になっているんだそうですが、コイツは無届けだった模様。

警察庁のキャリア官僚が昨年末、成田空港での手荷物検査の際に、テロ防止のため国際線航空機内への持ち込みが制限されている100ミリリットルを超える液体物を持ち込もうとして女性検査員と口論となり、検査員に検査用トレーをぶつけていたことが、警察庁などへの取材で分かった。千葉県警は暴行の疑いで捜査、同庁も懲戒処分を視野に調査を進めている。

少なくともこういう行動を取る人間が官僚をやっているのはびっくりですね。さらに全国の警察に職務倫理を指導する担当職なんだそうな。すこぶる頭の悪い行動で、なんだか腹が立つ。即刻懲戒免職処分にして貰わないと日本の国家を疑うわ。
どうも、暴れたのは増田貴行(36歳)という人の模様。
是非、人生の分岐点になっていただきたい。