ロンドン・テロ容疑者射殺事件、実は無実…でもなかった;

昨日、テロ容疑者と間違えられて射殺されてしまったブラジル人について昨日言及しましたが、警察官から逃走したのは、それなりの理由があったようです……。
う〜む。

■SATOXのシテオク日記 - ロンドン・テロ容疑者射殺事件、実は無実

ロンドンで同時爆破テロを捜査していた警察官に射殺されたブラジル人のジェアン・シャルレス・デメネゼスさん(27)が、期限切れの学生ビザで英国に滞在中だったと、英BBC放送が25日報じた。デメネゼスさんが警察の停止命令に反して逃走したのは不法滞在が発覚するのをおそれたため、との見方が強まった。

でもね……やっぱり射殺する事はなかったよ。
あー、でも一方、警官の立場で「こりゃ怪しい」と思って追いつめたとき、犯人が爆弾を爆発させて自爆するかもしれない、これで自分と多くの一般人が巻き込まれる、と思ったら射殺する他ないのかも。相手はともすると死ぬ気なワケですから。