アルゼ特許訴訟、正義が勝つ

アルゼがサミーなどに起こしていた約84億円の損害賠償訴訟問題で、アルゼが掲げたしょうもない特許が無効になるとの判決。これにより、損害賠償訴訟が無取り消されることになった。いや〜よかった。

パチスロ機をめぐり業界大手同士が争った特許紛争のうち特許の無効が争われた訴訟で、最高裁第一小法廷(才口千した。並行して争われていた損害賠償訴訟で、日本の知財訴訟史上最高の84億円の賠償を命じた地裁判決が取り消されることが確実になった。

松下電器ジャストシステムに向けて起こしたアイコン特許と同様、努力もしないで思いついた案を特許とし、相手がそれを使用していることを確認してから損害賠償を起こすというキタナイやり方。誰がみても知的で素晴らしい発明であればそれは保護されるべきであるが、誰でも思いつくしょうもない内容を特許としてお金を取ろうとするのは発案者(技術者や知的貢献者)にケンカを売るような行為だと思う。
何かとケンカ腰で敵の多いアルゼ。「この会社とはつきあいたくない」とみんな思ってるんじゃないでしょうか。とても古い考えの会社だと思う。