SATOXのシテオク日記

ふもっふ、ふもふも。

ワシも刀削麺食べた!

友人のブログネタに刀削麺(とうしょうめん)を食べたという記事があってずっと羨ましく思ってました。
刀削麺とは大きな麺の固まりを包丁で器用に削っていって、切った麺はそのままお湯の中に投入してゆであげる麺のこと。
SATOXには似つかない街、代官山にある「西安刀削麺」というお店に行ってきましたぞ。


出てきたのが、まぁ辛そうな麻辣刀削麺(マーラートウショウミン)。菱形をひたすら薄くしたような真ん中がちょっと太い麺。これは大変もちもちしていて、たとえるなら水団(すいとん)のような歯ごたえ。それから、辛そうに見えるスープは実は全くと言っていいほど辛くなく、日本人向けなんだろうか? 麺、スープの上にはたっぷりの挽肉と独特のニオイのある香草、シャンサイが乗っている。味はやや酸味がある。
総評。決してまずくはないが、癖のある香草の味が微妙。「ウチの流しの洗い物をしばらく放っておくとするニオイ」である(笑)。麺は前途の通り、もちもちしていておいしい。香草がなければ素直においしく食べられると思うけど、これがないと麻辣っぽくないのかも。

■西安刀削麺 代官山店

まぁ、なかなかいい経験をしました〜。