BAR、ニューマシン披露

BARが2005年度のニューマシンを公開しています。
いやー、asahi.comのような一般ニュースでこの話題が取り上げられるのは、なんだか嬉しいですね〜。それだけ認知されてきたという事でしょうかね。

自動車レースのフォーミュラワン(F1)に参戦しているBARホンダは16日、スペイン・バルセロナ近郊のカタルーニャ・サーキットで05年型新車「BARホンダ007」を発表した。
 2レースを1エンジンで走るなどの規約改正に合わせ、製造者部門で2位を獲得した昨年型から大幅に車体、エンジンとも改良した。エンジンは小型軽量化するとともに、特に中速域の改良を図ったという。

新しい設計のシャーシ、エンジン、という事でパフォーマンスアップはもちろん期待してしまうのですが、「安定性」も欠かせないファクターです(そんな事言われるまでもないでしょうが;)。
とにかく、琢磨がどんなドライブをしても火とか吹かずに、しっかり走ってくれるマシンに仕上がってくれている事を祈ります。
フェラーリは開幕でニューマシンを駆ってくる事はないでしょうから、対してどれだけパフォーマンスになているのかというのが見物です。(予選で1秒以上差をつけられていませんように。なむなむ。)
ところで、2レース1エンジンという規定ですが、やはり安定性重視になって、全体的にパフォーマンス(ラップタイム)は落ちるものなんでしょうか??

http://motorsports.nifty.com/f1/news/2004/050116_08.htm

え、エアロダイナミクス進化……。テストはしてるんだよねぇ??
ギアボックスが硬質で軽いカーボンファイバー製に……。テストはしてるんだよねぇ??

ちなみにザウバーもニューマシンを発表していますが、スマトラ沖地震への配慮で一度発表を延期しています。ザウバーペトロナス(フェラーリ)エンジンを使っていくものの、ギアボックスはフェラーリ製から独自開発のものに変更するようです。

http://www.carview.co.jp/news/default.asp?id=4086&gen=4