今度はアルジェリア航空の旅客機が行方不明

マレーシア航空370便が消息を絶ってから約5ヶ月。
最近ではトランスアジア航空が墜落、そして今度はアルジェリア航空の旅客機が行方不明なんだそうです。MD83型機が空港を飛び立ってから50分後、通信が途絶えたとのこと。
また、最近マレーシア航空機はウクライナで撃墜されて多くの犠牲者を出したばかり。

乗客乗員116人を乗せて西アフリカのブルキナファソからアルジェリアに向かっていたアルジェリア航空の旅客機が、離陸してからおよそ50分後に連絡が取れなくなっています。ブルキナファソの政府当局者は「アルジェリア航空機は、ブルキナファソの空港を離陸したと、現地時間の24日午前1時ごろレーダーから消えた。ブルキナファソの領内で墜落したかどうかは調査中だ」と話しています。

航空機事故について興味があって、CSの航空機事故番組を観たりしていますが、事故の原因の1位は何だか分かります?
パイロットの操縦ミスなんです。
パイロットの思い込みや勘違いなどによるつまらないミスで事故が起きるケースが多いようです。
原因不明の事故もありますが、整備ミスや故障なども事故の原因として多いようです。
気のせいかもしれませんが、しばらく航空機事故が起きない期間があった後に事故があると、その後立て続けに事故が起きる事が多いような気がします。