自衛隊の離島奪還訓練

自衛隊が12月に占領されたことを想定した離島奪還訓練を行うんだそうな。訓練は米海軍第7艦隊も参加し、日米共同訓練になる模様。
まず、日出生台(ひじゅうだい)演習場(離島)に敵軍を想定した部隊を置き、対空ミサイルなどを配置。
その状況から自衛隊がF2とP3Cで敵の対空ミサイルを攻撃しつつ、F15の支援を受けながらC130 8機から250人の陸自隊員がパラシュート降下、離島を奪還するという流れのようです。
戦争は決して起きてはいけないものだと思いますが、ミリタリ好きのSATOX的にはいろいろワクワクしてしまいます。しかし、まぁ「離島奪還」とか、かなりリアルで怖い話です。

防衛省が今年12月、新たに策定した沖縄・南西諸島の防衛警備計画に基づき、陸海空自衛隊による初の本格的な離島奪回訓練を、大分・日(ひ)出生(じゅう)台(だい)演習場などで実施することが、18日、明らかになった。

昨今の中国はかなり調子に乗っており、世界の軍縮論に逆らって軍事費の増強や空母の建造など、台湾や日本をターゲットにしているであろう挑発的軍事行動に出ています。中国が調子に乗らないように、その抑止とするために軍事訓練を行うそうです。
中国の軍事力はこれまではかなり弱い旧式の兵器ばかりでしたが、独自にステルス性能のある戦闘機を開発するなど、軍事力を増して来つつあります。
まぁ目先、もし中国の軍が動くとすれば、台湾ですかね………。
また、こんな事にはならないと思いますが、もし北朝鮮と韓国で戦争が起きるとすれば、これ見よがしに北朝鮮に中国軍が駐留して支援するかもしれません。……いや、中国もそれこそロシアも支援なんかしないかなぁ。韓国のバックは米軍ですもんね……。