SATOXのシテオク日記

ふもっふ、ふもふも。

ミシュランチームは無罪

2005年、アメリカグランプリでわずか6台の出走となったミシュラン事件。
当初ミシュラン勢は有罪と示していたが、結局のところ無罪となったそうですだ。
理由は『チームはミシュランの指示に従うしかなく、FIAもルールを変更することは根本的に不可能であり、もし何らかの事故が起こっていたら取り返しのつかないことになっていた』とのこと。これ以上のチームへの追求を止めることを宣言したわけだ。変に波風立ててF1を早く壊すよりも賢明な措置だと評価します。
ちなみに、本件に関するSATOXの意見はこちら↓

■アメリカグランプリの悲劇について改めて考えてみる

そもそもミシュランが悪いのだ(ぼそり)。(笑)

加速そーち!(かちっ☆)

FIAがどうやらブーストボタンについて検討してるんだって。
いわゆる加速装置。ボタン押下でばびっとスピードが出るって事はつまり、オーバーテイクを助ける装置なわけ(矢沢)。
スポーツという側面では、マシンパワーは違えどやはりドライバー同士の腕を競うものであり、人工的なオーバーテイクはどうかと思う。
見た目は面白くなるかもしれないけど、危険性は明らかに増すはず。FIAが考え出す案は難解さとつまらなさを増すことに努力しているように思えます。
オフィシャルHPでは来期予選方式のアンケートが採られていますがすごく微妙。FIAの2案は次の通り。


<案1>
周回数は無制限。給油は自由。
予選セッション2回、各25分を2回行う。
2回のセッションの合計を予選順位とする。
<案2>
周回数は無制限。給油は自由。
開始から15分後、遅い5台を脱落とする。
次の15分間でさらに遅い5台を脱落とする。
残りの30分間で1位〜10位を決める。
案2なんてのは最悪だと思う。弱いチームは最初の15分間しかテレビに映らない事になるわけで、するとスポンサーがお金を出さなくなり、チームに資金がなくなり、最悪撤退と言うことも。いやかなり極端ですが(笑)。
個人的には案1に1票。天候なんかで弱いチームが勝つ可能性もあるしね。それとバックマーカーに引っかかるなんてタイミングの問題も出て面白いじゃん。遅いから脱落ってのは酷い話。チャンスをあげて欲しいなぁ。

壮絶!セーラー服リカちゃんストラップ

う〜ん、タカラ業績不振の片鱗を垣間見てしまった。

去る7月15日、仙台市の私立高校「常盤木学園」の制服(夏服)をきた「リカちゃん」ストラップが、3000本限定で発売された。東日本では初の試みだが、セーラー服のリカちゃんはなかなかそそる。

そそるかなぁ?(笑)