2005年度開幕戦オーストラリア結果

2005年度のF1が開幕ですよ〜奥さん

気になる佐藤琢磨の予選は散々たるもの。1日目の予選でスピンを喫しノータイム。さらにエンジン交換を余儀なくして最後列スタートが決定。さらに、2日目の予選は出走しませんでした。
琢磨も後方スタートながら前のシューマッハも交わし、6台ゴボウ抜き。でも、セッティングを見誤ったか、ホンダパワーが味方しなかったか、バトンも含め2桁順位というお粗末な結果。予選で祟られた結果か、思わしくありませんでした。今年はこんな感じの流れなのかーっ!? 心配です。
後方スタートのシューマッハが42周、ニックハイドヘルドへの無理な追い越しで両者接触ハイドフェルドはリタイヤ、シューマッハはマーシャルに助けられレースを続けるもピットでリタイア。なんとしてでもポイントをというワールドチャンピオンの奮闘ぶりはよろしいが、ちょっと焦っちゃったかな。
トップ集団を見てみると、レッドブルクルサードがなんと4位。こんなにコスワースエンジンのパッケージがいいなんて!見直したぜ、クルサード。さらにフィジケラ優勝、アロンソ3位表彰台とルノー勢がえらいことに。ルノーエンジンは安定性では秀逸なので、今回のレギュレーション変更にもスマートに対応出来たのだと思います。
それから、シューマッハに最大のライバルと評されるバリチェロ、優勝こそ逃したものの、ちゃんと役割を果たした。フェラーリの優位は今年も変わらず、ということが分かったわけですが、ルノー、ウィリアムズ、マクラーレンとどれくらい差があるのかが見物です。まだ、分からないね〜。


▼2005年第1戦オーストラリア・アルバートパークサーキット決勝結果
1 G・フィジケラ    ルノー          M 1:24’17.736
2 R・バリチェロ    フェラーリ        B   5.553遅れ
3 F・アロンソ     ルノー          M   6.712遅れ
4 D・クルサード    レッドブルコスワース  M   16.131遅れ
5 M・ウェバー     ウィリアムズ・BMW   M   16.908遅れ
6 J−P・モントーヤ  マクラーレンメルセデス M   35.033遅れ
7 C・クリエン     レッドブルコスワース  M   38.997遅れ
8 K・ライコネン    マクラーレンメルセデス M   39.663遅れ
9 J・トゥルーリ    トヨタ          M 1’03.106遅れ
10 F・マッサ      ザウバーペトロナス   M 1’04.393遅れ
11 J・バトン      BAR・ホンダ      M     1周遅れ
12 R・シューマッハ   トヨタ          M     1周遅れ
13 J・ヴィルヌーヴ   ザウバーペトロナス   M     1周遅れ
14 佐藤 琢磨      BAR・ホンダ      M     2周遅れ
15 N・カーティケヤン  ジョーダン・トヨタ    B     2周遅れ
16 T・モンテイロ    ジョーダン・トヨタ    B     2周遅れ
17 P・フリーザッハー  ミナルディコスワース  B     4周遅れ
  <以上が完走>
  <以下がリタイア>                 周回
18 M・シューマッハ   フェラーリ        B 42周(アクシデント)
19 N・ハイドフェルト  ウィリアムズ・BMW   M 42周(アクシデント)
20 C・アルバース    ミナルディコスワース  B 16周(ギアボックス)

▼ドライバーズポイント
1 G・フィジケラ     10(+10)
2 R・バリチェロ      8(+8)
3 F・アロンソ       6(+6)
4 D・クルサード      5(+5)
5 M・ウェーバー      4(+4)
6 J−P・モントーヤ    3(+3)
7 C・クリエン       2(+2)
8 K・ライコネン      1(+1)


コンストラクターズポイント
1 ルノー      16(+16)
2 フェラーリ     8(+8)
3 レッドブル     7(+7)
4 ウィリアムズ    4(+4)
5 マクラーレン    4(+4)


情報拝借 m(_ _)m http://www.ksky.ne.jp/~tahara/f1/
※右京さんのブログが更新されました(3/9)。
やはりフィジケラルノーの速さは突飛していましたね。そしてBARの不安も未だ拭えません。

http://ukyo-f1.at.webry.info/

昨日のお絵描きチャット

昨日、あるみさんのところでお絵描きチャットに参加してきました〜。
……っと言っても14人近く、しかも知らない方ばかりだったので臆してしまい、ROMに専念してしまいました(笑)。いや、そもそも書き込むスペースなかったし; でも、実は頭痛で苦しんでいて、テンションがあがらなかった〜という裏もあるのですが……(^^;
う〜ん、今後、雰囲気的に参加してもよいものか、ちょっと不安に思ってます。


上記の絵はそのときお絵描き掲示板でぴこぴこと描いたもの。お題「褐色の少女」ということで、ナディアをチョイスです。シャクティを描きたかったのですが、キャラ設定が分からなかったの(笑)。
いつも反省するんだけど、肩幅の長さとかチチのバランスとか、デッサンめちゃめちゃだぁ(笑)。でも、普段版権キャラものを全くと言っていいほど描かないSATOX、こんな機会でもないと描かないので、いい経験させてもらっとります。

SAKUSAKU DVD、発売はするようだ

発売中止発表があって間もないSAKUSAKU DVDですが、今日のSAKU SAKUで「SAKUSAKU DVDの発売はいったん発売を中止するけど、発売日が決まったらお知らせする」というようなテロップが……。
内容の一部が悪いだけだとするとすぐに直りそうなものだけど、その代わりの内容をこれから取り直しだと時間が掛かるかもです。DVDの焼き直し自体は一週間もあれば出来ちゃうもんなんですけどね〜。
う〜待ち遠しい。

ソニーの会長、辞任

昨今のソニー不振の責任をとって出井会長が辞任し(正確には退陣?)、ハワード・ストリンガー氏が会長に就任するとのこと。
ブランド名と技術力を持っているはずのソニー。薄型テレビで出遅れ、携帯電話でも出遅れ、DVDレコーダでも二の足を踏み、PCでも出遅れ、携帯音楽プレーヤでも失敗……いわゆるソニーショックですが、このとき、やっぱり先見の目がなかったとしか言いようがありません。

ソニーは7日午前の臨時取締役会で、出井伸之会長兼グループ最高経営責任者(CEO)(67)と安藤国威社長(63)が退き、米放送大手CBS出身のハワード・ストリンガー副会長(63)が出井氏の、生え抜きの中鉢良治副社長(57)が安藤氏の、それぞれ後任に就く首脳人事を内定した。

その前の布石か、ネット販売サイト「ソニースタイル」の強化するため、新会社「ソニースタイル・ジャパン」を設立するというニュース。

ソニーマーケティングは3月3日、ソニー100%出資の販売会社「ソニースタイル・ジャパン」を設立した。

SATOX、ソニースタイルをよく利用してますが、パソコンを買うときもメーカー直販サイト多いです。NECのLavie購入時然り、パナのLet's note購入も然りです。これはメーカー直販ならではの特典があるからなんですよぉ。

東芝、90nm/400MHzのMIPS CPU開発

東芝が90nmプロセスの400MHz動作のMIPS CPUを発表しました。
東芝RDシリーズなどに採用されているのもきっとこのシリーズ。もっちりと重たい処理もこれを採用することにより改善するのではないかと思います。

90nmプロセスを採用し、コアクロックは400MHz。命令キャッシュ32KBとデータキャッシュ32KBを内蔵するなど、高速処理が必要なデジタル情報機器などに向いているという。

RD-Z1に採用されるのかな???